個人情報保護方針

個人情報保護に関する基本方針

「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号。以下「法」という。) に基づき医療法人明敬会 重城病院(以下「本院」という。)が医療に関して保有する個人情報の取扱いに関する基本的事項を定めるものとする。

「個人情報」とは、生存する個人の医療に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

「個人情報の匿名化」とは、当該個人情報から、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所の記述等、個人を識別する情報を取り除くことで特定の個人を識別できないようにすることをいう。

個人情報の利用目的

保有個人情報の利用目的は、次のとおりとする。

  1. 患者等に提供する医療サービス(紹介、他施設との連携、他施設からの照会への回答、外部の医師等の意見・助言要請、院外処方、検査等の業務委託、家族等への病状の説明を含む。)
  2. 患者に係る入退院等の管理、会計・経理業務、医療事務の業務委託
  3. 医療事故等の報告・調査
  4. 医療サービスの向上
  5. 医療保険事務の委託、審査支払機関へのレセプトの提出、審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  6. 健康診断等における結果の通知、医師損害賠償責任保険などに係る相談又は届出等
  7. 医療サービス及び業務の維持・改善のための基礎資料
  8. 症例に基づく研究
  9. 医療従事者の研修

個人情報開示手続要項

本人から、当該本人が識別される保有個人データについて、書面による開示を求められ場合、当該保有個人データを開示する。開示することにより、以下のいずれかに該当すると判断された場合は、その全部または一部を開示しないことができる。

  1. 本人または第3者の生命、身体、財産その他の権利利害を害する恐れがある場合。
  2. 当院の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合。
  3. 開示することが他の法令に違反することになる場合。

当院の保有個人データの開示等を請求しうるものは、次に掲げるものとする。

  1. 本人
  2. 未成年者または成年被後見人の法定代理人
  3. 開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人

なお、本人の確認は本人を特定できる公的機関の身分証明書の写しを持って行う。代理人の確認は、法定代理人の場合はその代理人たる資格を証明する書類及び代理人自身の本人確認書類の写しを持って確認する。また、本人が委任した代理人の場合は、本人の委任状、委任状を本人が作成したと確認できる書類、代理人自身の本人確認書類のコピーを持って確認する。