院長挨拶

president

昭和61年1月に重城胃腸科外科皮膚科として職員10数名で開院し、現在80余名を有する重城病院として平成18年7月に再出発しました。地域の皆様の小さな健康上の悩みから重症の病気までどんな事でもお役に立ちたいという気持ちは変わりません。

当院のモットーは設立時より利他の精神に基づいております。利他とは、曹洞宗開祖道元導師が描かれた「修証義」の中に出てくる言葉で、貧富その他に関わらず自分の幸福を願う前にまず他人の幸福を願うことであり、行動することを意味します。アメリカで起こったロータリークラブの「Service above Self ~ 超我の奉仕 ~ の精神」と軌を一にするものであります。他が幸せになって初めて自分たちが幸せになれる、先代である私の父がいつも口にしていたこの精神を引き継ぎ、日々の診療にあたっております。

これからも地域の皆様に信頼される病院となれるよう努力していきます。

重城病院 院長 重城明男